赤塚高仁×中村文昭と行く究極の修学旅行inパラオ

赤×文 

赤塚高仁×中村文昭と行く 究極の修学旅行 inパラオ

赤×文 コラボ

LinkIcon059-226-6627

お申し込みフォーム

満席
御礼!

今を生きる。

お待たせ致しました!

 



まだかまだかと言われ、もうすぐもうすぐとお答えしてい”パラオツアー”
ついに募集を開始します。テレビや教科書では語れない、真実!

だけど、とても大切なこと。

中村文昭 × 赤塚高仁 と行く究極の修学旅行 in パラオ~今を生きるということ~
 
パラオと聞くと、どんなイメージを持たれますか?
そう「海」ですよね。きれいな海、きれいな砂浜・・・THE リゾート地!
そんなイメージですよね。リゾートのイメージが先行しているので、あまり知られてはいませんが・・・かなりの親日国です。
では何故、親日なのか・・・!?
 
第二次世界大戦時は日本の統治下。そして、戦略的意図から最重要地区とされていた。
敵国は、この重要地区をなんとしても占領下にしたい!日本は、ここを取られてはならぬ!
背水の陣で送られた、日本最強部隊。
そんな思惑が交わった国、パラオ。
そんなパラオ内でも最も重要な島とされたのがペリリュー島。
この島を舞台にテレビや教科書では、語られぬ真実の戦いが繰り広げられた。
結果、この島の戦には負けたものの親日という思いはここを起点に今に繋がる。
なまなましく残る銃痕、さびた戦車、洞窟の中に転がるビール瓶・・・あの頃の様子がひしひしと伝わるペリリュー島

その地で、赤塚×中村の真実の講義を受け
その足で、ペリリュー島にいき
その肌で、「今」という自分を感じて欲しい。

「今」私たちが日本人として生活できているのは、この「昔」があったため。
紡がれた命、「今」を生きる
 
自由行動時間もあり(1日)!
せっかくの修学旅行、現地を思いきっり楽しもう!しっかり学んだのちに、しっかりと遊ぶ。
「今」を幸せに生きる、先人たちの思いはきっとそこですから!!

 

このツアーのPOINT!!

  •  中村文昭×赤塚高仁と5日間一緒に行動!
  •  自分の足でパラオ・ペリリュー島を感じることができる!
  •  仲間と一緒に共有、共感、密度の濃い旅ができる!

「パラオ」へ行くべき3つの理由

 
1

「今」があるということ

ペリリュー島また、各地の戦場で、愛する国のため、人のために死力を尽くした方々に感謝の言葉をとどけよう。私たちが「今」この場を訪れることができるありがたさを自分の足で感じよう。

 
 
2

あたりまえではないということ

私たちは、世々つながってきた「命」と「ご縁」で生きているということを実感し、「あたりまえ」ではない生かされている自分に気付いていこう。

 
 
3

本当のことを伝える使命

誰かから聞いたことではない、自分の目で、足で、心で感じた本当のことを伝えていこう。ひとりの行動が波紋となって、世界へ広がる今だから自分の言葉で発信する。

 

赤×文 2人からのメッセージ

中村文昭よりメッセージ!!!

パラオと日本の歴史、関わりを知った時、僕はいてもたってもいられなかった。
すぐに次男と旅行の準備を整え、男2人旅、パラオに向かった。
まるでタイムスリップしたかのようなペリリュー島、今もなお根付く日本文化・・・
僕達の立っている「今」はこうして作られたのか。
背筋が伸びる思いでした。
この旅があなたにとって最高の旅となることをお約束します。 

 

赤塚高仁よりメッセージ!!

戦争をしたのは日本が悪い国で、日本が負けてよかったと大人たちが、TVで日本の悪口を言っています。
戦後の自虐史観教育で祖国を愛する誇りを失った哀れな人たちです。
では、日本が世界で最も長く歴史が続いているのはどうしてでしょうか?
それは、日本が世界で最も素晴らしい国だからです。
さあ、洗脳から目覚めましょう。パラオで、ペリリュー島で、本当のことを自分の目で耳で肌で心で、そして魂で感じる旅が今、始まりますよ。
 

 

ツアースケジュール・概要

満席となりました!ありがとうございます
関西空港発着の方には、航空会社、正式な時間をご連絡いたします。